FC2ブログ

インシュレーターの制作

底面開口BHなのでどうしても本体を浮かせる脚が必要なんですが、
直置きすると小型密閉型の様な音になります。
その音はユニット前面の音かといえばそうではなく、
ホーンを差し引いた音とは違うようです。

DSCN6865.jpg

あり合わせのインシュレーターで音を聴いた感じでは9㎜あたりが良さそうですが、
ホーン開口解放の1/3になります。
これは昨年度のサイプレスの結果と同じ。
昨年と違うのは、底板を付けずに脚だけで調整するので高さ調整ができるタイプにしました。

DSCN6854.jpg

水栓に大小のワッシャーとコルクシートを組み合わせて造ります。
2枚合わせの32㎜径に、コルクを巻いた水栓をはめ込み、小さいワッシャーで蓋をします。

DSCN6857.jpg

瞬間接着剤で貼り付け、周囲をエポキシで固めて一体化します。

DSCN6858.jpg

余分なエポキシはドリルで回しながらヤスリがけ。
仕上げに銅テープを貼りましたが、30㎜幅なので少し足りません(汗)。

DSCN6860.jpg
DSCN6863.jpg

単体で8㎜強の厚さにワッシャーを足して高さ調節が出来ますが、
今のところワッシャー無しで良さそうです。

DSCN6866.jpg
スポンサーサイト



新作OM-MF519BHの第一声

DSCN6852.jpg

まだ未調整ですが、ほぼコンテスト機の外観は完成しました。
昨年度のは頭でっかちを指摘されたので少し絞った分、小顔に成りました。

DSCN6843.jpg

反ってしまった前面パネルは大きめの輪ゴムで縛りながらの接着で、
何とか位置合わせができましたが、微妙にサイズが変わっているようです。
その辺がMDFの難しいところ。

DSCN6850.jpg

ターミナルは補強したお陰でネジ止めしても歪むことなく安定感も増したようです。
後は脚の長さを視聴しながら決めていきます。

肝心の音の第一印象ですが、昨年度のサイプレスと比べると一長一短。
繊細感は増したかな。
問題だった、変な音残りは改善された様ですが、制動力がない。
これはBHにとっては大きな問題で、
ダンパーが柔らかくなった分ブレーキが甘いようです。

DSCN6852.jpg

少し和紙で調整していくと締まってきましたが、90~200Hzがレベルが高いし、
低域端がそれ程伸びない。
脚を短くして開口を絞っていくしかないようです。

一部塗装を断念、突き板に変更

OM-MF519BH制作も一気に捗るかと思っていたのですが、
晴れたのは昨日の1日だけでした。
キャビネット背面は後からでも塗装できますが、
ターミナル周りを早くやっつけないといつまで経ってもユニットの仮結線ができません。
この部分を後から塗装するのは難しいので、諦めて突き板を張ることにしました。

DSCN6841.jpg

あり合わせのローズウッドを継ぎながら貼り付けて磨き、最後はオスモ仕上げです。
ターミナル穴の内側は音道で、スロートから60㎝地点。
まだまだ音圧の高い場所なので、空気漏れのない様に注意しないといけません。

やっと晴れ間のスプレー塗装

DSCN6833.jpg

フロントパネルはMDFによる曲面仕上げにしています。
いつもなら本体に造形してから、塗装仕上げに入りますが、
あまりに雨が続いたため部品状態での塗装です。

実は下旬になる前から塗装しているのですが、
雨の切れ間を狙っての塗装はトラブル続きで、2度も雨に濡らしてしまいました。
微妙に反ってしまっていて、貼り付ける時に工夫が必要です。

DSCN6838.jpg

今日は久々の晴れで、本体背面の塗装に挑戦していますが、いかんせん、風が強い。
こんな日は、頑張っても塗膜が厚くならない。
風が止む瞬間を狙って吹きかけますが、その時は蚊の攻撃を受ける。
困ったものです。

一山越えたかOM-MF519BH制作

昨年の教訓を活かしてもっと完成度を上げようとは思っていますが…

DSCN6829.jpg

どうやってこの曲面を出したのかあまり覚えていません。
ブログの記録を読み返すとサフォームやのこぎり、平のみを使ったようですが、
サフォームが見当たらない。

逆にサフォームに依る傷がなかなか消えなかったことを思い出しました。
色々探してみるとブランド物の木工ヤスリが見つかったので
今回はこれをメインの道具にして曲面化していきました。
流石、木工用なのでスムーズに曲面が作れます。
暑い中、夢中で削り、丸1日かけてやっと仕上がりました。

DSCN6831.jpg

何とか昨年よりは完成度が上がったような気がします。
昨年のヘッドとは違って、ユニットの位置を少し上にずらしている分、
空気室が複雑に成りました。
これが吉と出るか凶と出るか。

OM-MF519BHは進化しているのか?

台風が迫る中、一番の難関であるユニット周りの造形に取りかかります。

DSCN6812.jpg
DSCN6820.jpg

本棚に本を並べるようにヒノキ集成材を貼り付けていきますが、
このシーンは昨年とまったく同じ。
12mm厚の板を10枚束ねると12cmには収まりません。
計算どおりには行かず、今年もまったく同じ問題で足止めを食らいます。

DSCN6819.jpg

ボンドの厚みだけではなく、ヒノキがボンドの水気で膨らんでいるかもしれません。
飛び出した部分を鉋がけして、いよいよ側板を貼る。
この作業は慎重に進めないといけません。

小澤先生はバックロードの組立記事の中で一般的な白い木工用接着剤を進めています。
特に最後の側板で蓋をする際に、
流れやすいタイトボンドでは隙間ができやすいと指摘されています。
確かにその通り。

DSCN6821.jpg

そこで対策として、
蓋をする際、軽く押さえてからすぐにひっくり返してしっかりと加重しました。
これなら流れ落ちることなく、
はみ出したボンドもそこにとどまって隙間を埋めてくれるはずです。

画像の底の方からボンドがはみ出しているのがわかるでしょうか。
とにかく見えない内部には気を使って損はありませんね。

慎重に組み立てても誤差が出るBH

今回も「羽状曲折型」構造のBHで、
板の木口の斜めカットが以前の半数で済みます。

DSCN6785.jpg

組立はボンドだけで行っていますが、側板に対して垂直に組むのが大切です。
スコヤを当てながら、重石を乗せてタイトボンドで正確に組んだつもりでも、
乾くといつの間にか少し傾いています。
位置も1㎜強ずれている(汗)。

DSCN6803.jpg

音道の途中の何カ所か数値が合っていれば問題ないのですが、
補強板を挟んだ構造は修正が難しく、最終的に何処かで誤魔化すしかありません。

もう一つ難しいのは内部配線の処理。

DSCN6799.jpg

塗装前にターミナルは取り付けられないので、位置を決めて配線しておきます。

DSCN6807.jpg
DSCN6808.jpg

今回は、黒檀ベースは使わないで、安価な完成型ターミナルを少し補強して使います。

DSCN6800.jpg

クッションパッキングを剥がすと、ひ弱なベースが露わになり、
ここへエポキシパテを詰め込んでみました。

DSCN6810.jpg
DSCN6811.jpg

すると思ったより重量も増えて、丈夫なベースになったようです。

昨年のは試作機ということで

OM-MF519用にBHの制作を始めています。

DSCN6771.jpg
DSCN6772.jpg

まずは補強材から切り出し。
設計は昨年度のOM-MF5のサイプレスをもとに再設計をしたのですが、
書き上げてみれば殆ど同じ(汗)。
昨年度の失敗は揺らぎ補強材での2次反射共鳴。
共鳴音を排除するための対策だった「ゆらぎ組み立て法」のはずが、
厄介な音残りを発生させていました。

これまでも問題があったようで、反省しています。
そこで「ゆらぎ組み立て法」は撤廃して、新しく新案「タスキ補強」を取り入れました。

DSCN6773.jpg

おそらく例のない補強法のはずです。

IMG_0174.jpg

今回もヒノキの魅力を前面に出したデザインに成りますが、
昨年度のサイプレスは試作品だったことにして、さらなる完成度を狙ってみます。

IMG_0175.jpg
IMG_0177.jpg


今年の「特選スピーカーユニット」をいきなり対策?

DSCN6770.jpg

19日に書店から入荷連絡があり、翌日購入した今年のマークオーディオの付録ユニットです。

DSCN6761.jpg

早速20Hz~20kHzのスイープ信号でチェックすると片方から異音が出ます。
ボイスコイルが少しあたっているようです。
2本の差が歴然だったのでガッカリ。

買い換えるのは嫌だし、交換するのも面倒くさいので、少し弄ってみました。
(※ここから先はフレームを弄ったことのない人は絶対に真似をしないで下さい。)
頑丈なフレームではないので、ユニット全体を握りながら少し力を加えると、
スイープ信号の異音が消えるポイントがありました。

DSCN6763.jpg

DSCN6765.jpg

4本足のフランジは細いので加工は簡単です。
1本をまっすぐに伸ばし、反対側を少し曲げただけ。
これで直るのは運良く症状が軽かったからなのかも知れませんが、上手く行きました。

DSCN6767.jpg

改めてユニットを良く見るとセンターキャップに工夫が見られます。
キャップの裾に膨らみがあり、この裏に接着剤が溜まる非常に小さな溝があるとかで、
接着強度が上がったそうです。

ボイスコイルとキャップは完全に接しているのが理想で、
間に接着剤が入ると接着剤の音になります。
かといって接着剤が少ないとくっつかないのが金属コーンですから、
上手くバランスを取った手法です。

DSCN6768.jpg

中央の凹部も昨年よりも少し大きくなっています。
ユニット単体での第一印象は小音量でも反応が良く、ストロークも大きい。
これは期待できそうです。

帰ってきたスピーカーをリメイキング

先日のこと懐かしい同級生が訪ねてきて、
数年前に貸していたスピーカーを返してくれました。
派手なRFポストですが、嘗てF社のコンテストで炭山賞を頂いたものです。
ユニットはシミだらけで鳴らしてみるとバランスも悪いので、
これは、ものは試しとAIWAのユニットに交換したところです。

DSCN6758.jpg

シミだらけのFE127Eを良く見ると、
エッジのビスコロイドが抜けて布エッジはガーゼ状態です。
これでは低音もスカスカになるのは当然です。

DSCN6750.jpg
DSCN6751.jpg

もともと内磁型で奥行きがあるユニットに、
鉛のスタビライザーを付けてフレームも強化したとんでもないユニットになっています。
このままではAIWAのユニットが入らないので1㎜程度穴を広げます。

DSCN6753.jpg

DSCN6756.jpg

DSCN6754.jpg

ビス穴はそのままでピッタリです。
このユニットはアイデンのOEMで、
私が若い時、スピーカークラフトを始める切っ掛けになった愛すべきユニットです。
引き込み線の接着剤が黒いのは4Ωの印でしょう。8Ωは白です。

今見ても素朴で精悍なルックスが素敵です。
音はやっぱり素晴らしい。

DSCN6758.jpg

メリハリのあるキリッとした音で、高域も図太いのに決して五月蠅くない。
小音量でも明るくバランスが良い。
この音を聴くと学生時代を思い出すが、40年経った今も音の好みは変わっていないようです。
やっぱり良いものは良い。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ