FC2ブログ

インシュレーターでここまで変わるのか

DCD-1650AEのインシュレーターをSONY製に交換して本格的に聴いてみました。
非常にソリッドで曖昧さがない。
音色は揃っていますが、揃いすぎの感じもあります。
曲によってはこれで魅力的なのですが、音が堅くて、心なしか真鍮のような響きも感じます。

楽器の音はこれで良くても、ボーカルに潤いが足りない。
とげとげしさを感じ、もっと艶が欲しい。
このSONY製のインシュレーターには1650AE+鉛は重量オーバーなのかも知れませんし、
このCDPの限界なのかも知れません。

そこで、きたやまさん自作のカネコ式インシュレーターの再登場。

DSCN6678.jpg

音が落ち着くには1日かかりますが、待っていられないので強制セッティング。
CDPの上に私が乗り、軽く屈伸(真似をしてはいけません)。

早速色々聴いてみました。
低域の芯やスピード感は余り変わりませんが、
真鍮のような響きはとれました。ボーカルの艶が戻ってきました。

DSCN6684.jpg

ボチェッリのボーカルの輝きが真鍮からいぶし銀のような艶に、
OJTのピアノがキラキラからピカピカに変わりました。

最初の音に比べるとどうなのか、と言われると特に音場の変化が大きいような気がします。
中央が前に出るというか、ボーカルはピンポイントですが、
以前より前に出て、余韻がフワーと広がる感じが良い。

それにしてもインシュレーターは恐ろしい。全体の音を支配してしまいますね。
スポンサーサイト

CDPのインシュレーター交換

DSCN6675.jpg

以前から気になっていたCDプレーヤーのインシュレーター。
写真の右側がオリジナルです。
フェルトを剥いで鉛テープを貼り、その上に銅テープを貼って対策したつもりだったのですが、
これが良かったのか悪かったのか。
写真の右上が上面ですが、隙間だらけの樹脂製の脚(70g程)は
どうやっても知れています。

今回オークションで買ったものが左側のビス穴が中心にないものです。
型番は不明ですが、SONYの高級DVDプレーヤーに付いていたものらしいです。
少し小ぶりですが、真鍮製か何かで180gのずっしりしたもの。
接触面積は全くオリジナルと同じで
堅めのブチルゴムの様なものが厚めに貼り付けてあります。

DSCN6676.jpg

心配しましたが、ちゃんと取り付けられました。
こんなものを売る人がいるんですね。(買う方も買う方ですが…) 

DSCN6677.jpg

肝心の音は良い感じです。
ビル・エバンスではシンバルの質感に感心したり、拍手のリアルさにゾクッとしたり。
倉木麻衣のボーカルが前に出て余韻も広がる。
エネルギーバランスが良く、低域もゴリッとした芯のある感じがします。

でもプラシーボ効果かも知れませんので、このまま様子を見てみます。

平成最後の新年が明けました

明けましておめでとうございます
 皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします

昨年同様に紅白歌合戦をメインシステムで視聴しながら新年を迎えました。
プリアンプをグレードアップしたせいもあって、前回の紅白よりも断然良い音で楽しめました。

DSCN6668.jpg

布袋寅泰と石川さゆりも凄かったが、最後のサザンオールスターズも良かった。
音の深みとバランス、3次元的な音の広がりが豊かで、音響ミキサーさんの意地みたいなものを感じました。
サザンの歌は大好きというわけではないのですが、
歌手のパフォーマンスとは別に音の力そのものでも感動することがあると思います。
それがオーディオの力なのだろうと。

今年もそんなオーディオ力を感じながら作品づくりをしたいですね。
画像のCDは松尾明トリオのEASTER PARADEです。

DSCN6674.jpg

これも年末のオメガの会で話題と成りましたが、うちに帰って探してみると、ありました。
まるせいごさんからのプレゼントだったように思いますが、改めて聴くと良いですね。
『朝日のようにさわやかに』の心地よい高速ベース音が新年の聴き始めとなりました。

ブログをご覧下さる皆さま、今年もよろしくお願いします。

カネコ式インシュレーターを試す

先々週の16(日)にはオメガの例会があり、
試聴曲の中の『銀の雨』で盛り上がりました。
我が家には松山千春のLPが2枚ありますが、なんだかCDが欲しくなり、
レンタル落ちCDを購入。

DSCN6651.jpg

2枚組のスーパー・ベスト・コレクションです。
例会では恒例のプレゼント交換があり、自分はカネコ式インシュレーターをゲット。
4個組だったのでCDプレーヤーに試してみました。

DSCN6648.jpg

このDCD-1650AEは脚回りで音ががらりと変わる機体で、
逆に言えば振動に弱い設計とも言えます。
ある程度は接点対策をしているので、良く成ってはいますが、
以前からインシュレーターの交換を考えていたところです。

DSCN6649.jpg

果たしてブチルゴムがどう作用するか…。 松山千春を試聴。
うーん……音は変わりましたが、良くなったと感じる部分と
そうでない部分があるような気がします。
元々のDCD-1650AEの癖は強調されたようにも感じる。

このCDがこんな音なのか、
LPの重厚な印象とは違って中抜けのドンシャリに聴こえてきます。
それでも、初めて聴く『MY自転車』という曲のベルの音が余りにもリアルだったので吃驚。
一瞬、リビングの外からベルの音がして、その後、リビングを走り回る。
こういった現実音として認識してしまうことが時々起こります。
不意を突かれるとこうなる。

ベスト盤なので色々な録音があり、
意外にもメジャーでない曲がウェルバランスでボーカルも魅力的。
やっぱり千春はポップスなのかな…。
他のCDを聴かないとインシュレーターの効果も分かりませんね。

「RF247 サイプレス」OM-MF5の表現力

コンテストの応募が間に合って一安心なのですが、長期間の調整の間、
狭い部屋からあちこち運び回したお陰で傷や凹みも増えました。
気をつけてはいるものの10㎏を越えるキャビネットは苦労します。

DSCN6642.jpg

塗装の剥がれをマジックで誤魔化していたのですが、黒の艶消しスプレー塗装の補修は簡単ではありません。
マスキングしてスプレーしても傷が広がるだけのような気がします。

1つの方法として、器にスプレーして液体化した塗料を筆で塗るという方法をとっています。
ただ、この場合艶が出てしまうので半乾きの時に400番位の紙やすりを押し当てて艶消しにします。
写真中央が補修後ですがもう少しですね。

DSCN6643.jpg
DSCN6647.jpg

木膚の凹みは水で直します。オスモカラー仕上げは水分を通すので、
凹みに水滴をつけて乾くまで放置しておけば、ほぼ直ります。

DSCN6640.jpg

ネームプレートは印刷したOHPシートにアルミテープを貼って作ります。
印刷面が表面に出ないように、ミラー処理した文字を裏面印刷するのがポイントです。

DSCN6646.jpg

改めて現時点での試聴。キングクリムゾンの「ムーンチャイルド」で確認。
シンバルの質感はかなり高く、色気があります。
アルミ合金の振動板だからでしょうか、このOM-MF5は不要な響きも無く、
しっかりと芯のある高域を感じます。

基本性能が高いユニットでのコンテストなので、応募数も一段と増えているような気がします。
皆さんの作品も今から楽しみですね。

「自作スピーカーコンテスト」の応募完了

IMG_8171.jpg

制作期間が長かったせいか、今回の応募レポート作りには苦労しました。
色々思い出せなくて、ブログを読み返しながら、
何とかギリギリで締め切りに間に合った感じなので、
ほっと一安心です。

OM-MF5 コンテスト機完成

IMG_8173.jpg

音の完成度はまずまずの高さなのですが、
それは皆さんの作品も高いでしょうから、まず外観だけでもしっかり仕上げようと思っています。

DSCN6617.jpg

キャビネットの4本脚は微妙に長さが違っていて、ぴったし同じ2本を前側に付け、
不揃いのものを後に持って行きました。
誤差は1㎜以下に収まっていますが、少しのぐらつきも嫌なので
ガラスの平面に本体を立てて、短い足を確認しました。

その短い足の裏にエポキシ接着剤を塗り、
再びガラス平面に立てた状態で固め、何とか脚の長さを揃えました。
しかし、このままでは3点支持には負けるので、後側の2本だけクッションを貼り付けます。
丁度、ユニットのパッキンの余りが使えて便利です。

厚くなった分、前面の脚にはPタイルを丸く切って銅テープを貼ったものを接着。
これで足の裏は完成です。
パッキンと本体の重さで安定するはずです。

内線をハンダ付けするためにユニットを外し内部を確認。

DSCN6615.jpg

奥に丸いスロート穴が見えますが、今回、内線はスロートを通さずに
別の所からターミナルに繋いで、振動をできるだけ避けています。
今までの経験からの判断ですが、その効果に期待しています。

付属のユニット取り付けネジに交換してクローズアップ写真の撮影。
次はレポート作らなくては。

FR247 コンテスト機の脚部取り付け

コンテストの締め切りが近づいています。
なかなか完成に至らないのは4本脚のデザインと取り付けで手間取っていたためです。
脚部上部の半円形を斜めに削るだけなのですが、それが出来ないでいました。

DSCN6602_20181202204554c08.jpg
DSCN6606.jpg

そんな時、TVで『下町ロケット』を観て、自分もRF製作所と名乗っている限りは、
佃製作所を見習わなければ…と妙に励まされて、加工に挑戦。
やってみれば意外とすんなり出来ました(笑…単純です)。

DSCN6607.jpg

BH本体に貼り付けてみたところ、何となく心細い。
これと同じ脚を付けた作品「エボルチオ」が輸送時に脚を破損したことを思い出しました。
脚の内側半分は大丈夫ですが、はみ出ている外半分が弱い。

そこで本体に横から釘付けする様にダボを打ち込むことにしました。

DSCN6609.jpg

DSCN6611.jpg
DSCN6614.jpg

太めのダボを打ち込んだお陰で、見た目にも安心感が出てきました。
本体前面のスリットにも木口の桧をはめ込み、外観はほぼ完成。
あとは脚の裏の処理が残っています。

OM-MF5の新作BHの開口調整

底面開口BHは開口が見えない所にあるので、色々と開口への対策ができます。
今回は底板を貼ることで、開口を1/3まで塞ぎましたが、
もう少し閉じても良かったかもしれません。

DSCN6605.jpg

後は床との距離が実際の開口面積を決めることになります。
4本の足をどうするのか、あれこれ悩んだ結果32㎜の丸棒で加工することにしました。

DSCN6602.jpg

これが意外と難しい。
丸棒を傷を付けずに固定しながら半分切り落とすのは大型の丸鋸盤を使いましたが、
9本切って、1本失敗。予想どおりの展開です。

DSCN6604.jpg

取り敢えず輪ゴムで止めてその場で試聴しています。
リビングなので色々写らない様に画像を録りましたが、
ちゃっかり掃除機が写っていますね(汗)。

中域の被りは感じ無くなり、音はまだ低音が多い気がします。
でも、高域不足は感じないのでこんなバランスもありなのかもしれない。
共鳴音の低音とは違い、基音の明確な解像力のある低音なので、
少し多めでも楽しめる音がしています。

この低音の量が、今後のエージングでどうなるのか…
これ以上増えないことを願いたい。

オメガの例会で音を調整

スピーカーだらけの狭い部屋で調整を試みても、上手くいかないのは判っているので、先週、
オメガの例会でコンテスト機(RF247)の試聴をしてみました。

DSCN6585.jpg

予想以上に低音が出ています(汗)。
ホーンと繋がる領域辺りの低中音の漏れが多いのですが、
それが目立たないほど低音域全体が多い。

らちが明かないので何曲か聴いた後で開口を絞る実験に切り替えました。
たまたま会長さんのスピーカー台はトップに三角の穴があるので、
この穴がダクトになる様に、直置きしてみました。

その様子を下から見上げたのがこの写真。

DSCN6587.jpg

スピーカーを前後にずらすことでダクトの大きさが変わります。
効果てきめんで、グッとしまって繋がりも改善され、ローエンドの伸びもあります。

今日はこの経験を活かしてBHバスレフ化への調整を試みました。
底面開口なので単純に足を短くして絞る方法と
開口そのものに蓋をして絞る方法の2通りをリビングで聴き比べです。

DSCN6593.jpg

その結果、開口に蓋をする方が低域の質感が高く中域の漏れも少ないと判明。
新たに制作したベースは桧材で後方に抜けやすい形状にカットして底面に取り付けました。

DSCN6600.jpg

DSCN6596.jpg

DSCN6597.jpg

この狭い部屋では中域が非常にスッキリとする一方、
ローエンドはズドンと出て、全く別物に聴こえます。
デザイン的にも少し良くなった様な気がします。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ