再試聴  LXA-OT3の気になる音質

(加筆しました)
昨夜から LXA-OT3の音を聴いていて最初に気になったのは、
スイッチを入れてから音が出始めた直後の音から、しばらくの間の音の変化のようすです。
どんなアンプでも変化はあるのですが、この時は何か違和感を感じました。
ヒートアップする僅かの間ですが低音の質感の変化量が大きい。

DSCN3481.jpg

これはもしやと思って、キャビネットを分解してみるとやはり予感的中で、
オペアンプが少し傾いて片方が浮いていました。
慎重に外してソケットに軽くコンタクトスプレーをかけました。

DSCN3482.jpg

オペアンプの傾いた足をそろえてこちらにもコンタクトスプレーをかけました。

このアンプの良さは接点が少ないことなんですが、唯一ここが弱点で、個人的にはこの部分もハンダ付けしたいところです。
このオペアンプを除けば、残る接点はボリュームだけです。
稼働中は電源スイッチも無いわけで、接点による音質劣化があるとすればこのオペアンプの部分のみです。
余分な液を綿棒で拭き取ってソケットに戻しました。
組み立てて再試聴です。

DSCN3483.jpg

ところで今気がついたのですがこのスプレーをよく見るとロゴが違っています。
これは読めませんね。

さて改めて LXA-OT3をじっくりと聴いてみます。

DSCN3487.jpg

音の基本はそのままのようですが、音の厚みがしっかりとしています。
全体に滑らかさと奥行きが増した、中身の詰まった音がします。
ボーカルでは声の変化と一緒に喉の表情やマイクとの距離感などの情報量が増しています。

こういった細かい音が良く出ると全体の音がまとまらないといったイメージもありますが、
逆に音色の統一感を強く感じます。
低音も最初は緩い感じでしたがオペアンプのチェック後は力強さと安定感のあるニュートラルな音になっています。

このデジアンは価格的には決して高級とは言えないですが、
かなり私好みの音がします。
というより本来デジアンはこんな音なんだと思っています。
というのも、聞き比べたONKYOの対策CDレシーバーの音とよく似ています。

市販のデジアンは製品化の製造工程からスイッチやジョイントの入れすぎで、
本来の音は出ていないと思います。
アンプの音をダメにするのはすべて接点の悪戯だとすれば、
この LXA-OT3は音が悪くなる要素が極少です。

だからこそ、高級パーツを導入するだけで大幅な音質アップが果たせるわけだと思います。
とにかく充分なパワーを得て、より実用的になったといえるアンプですね。
スポンサーサイト

stereo誌付録のLXA-OT3に換装

一昨年製作した〝マークレビンソン風〟のデジアン
LXA-OT1は製品そのものには一切改造しないでキャビネットを作っています。
つまり中身をそのまま、今回のLXA-OT3に換装できるはずです。
早速分解して比べてみました。

DSCN3472.jpg

サイズも配置もまったく同じです。
基盤の色や高級部品、それに基盤のプリント配線図のR化などが違うのですが、
どこまで音が良くなったのか楽しみです。

DSCN3473.jpg

まずMDFの台座にセパレーターを介してねじ止めします。

DSCN3476.jpg

それをキャビネットにはめ込みます。
端子の位置もそのままピッタリです。
スピーカー端子が上に突き出ていますが、
その僅かな隙間が空気抜けになっています。

DSCN3477.jpg

台座とキャビネットは下面を4カ所のねじ止め固定です。
さらにアルミのシャーシを底面にネジ止めして完成です。

DSCN3479.jpg

無事通電、インジケーターも点きました。
では、じっくりと聴いてみましょう。
追い出されたLXA-OT1は、そのうち新しいキャビネットを作ることにします。

オメガの会・自作スピーカーコンテスト

DSCN3465.jpg

遅れましたが昨日の午後はオメガの会のスピーカーコンテストでした。
午前中はそのレジュメ作りと選曲でバタバタとしていましたが、
無事新作を携えて出席できました。

直前まで作品の名前が決まらず困っていましたが
勢いで付けた名前が、〝RF214 Karamatu〟です。
針葉樹構造用合板の木目はどう見ても唐松なので、
まぁこれで良いか…という乗りです。

DSCN3468.jpg

DSCN3446.jpg

今回の出品は7作品ですが、
体調不良のため残念ながら1人欠席の6人でのコンテストです。
五十音の逆順の発表で私は最後です。

音質10点、デザイン5点、コンセプト5点の計20点での採点ですが、
私の〝カラマツ〟は平均16.9点で2位でした。
さすがに全国ランキングでトップの河野技研さんを抜くことはできませんが、
まずまずの結果でした。

DSCN3445.jpg

課題曲はこの4曲。
私が選んだのは劇団四季「ライオンキング」の14.シャドウランドです。

DSCN3444.jpg

実は先日、東京でこの「ライオンキング」を観たばかりで、
その時に一番心に残った曲がこれです。
一昨日購入して改めてこの曲に感動しました。
出だしのコーラスの透明感やボーカルの表現力も音質チェックに使えます。

私のカラマツは会場では違った印象になっていましたが、
皆さんの作品と聞きくらべると、やや大人しかったようです。
歪みを徹底してとっているので、透明感がありますが、
TW-394Aとの重なり部分では、結果的に優しい音になっていたようです。

もう少し調整をしてみようかな。

新作BHの製作9 ハイスピード化

このまま完成とすると、おそらく普通の甘口の音になっていると思われます。
ツィーターのTW-394Aは元々チタンドームのソフトな音で、
スパイス的に鳴らすには性格が違うようです。
やはり鉛のインゴットを試してみることにしました。

DSCN3438.jpg

100円ショップで直径6cmのボール型の器を探し、
いつものように鉛を溶かして流し込みます。
今回はベストサイズのステンレスのお玉を購入。
夜中に玄関先でカセットコンロを使っての鋳造作業になりました。

画像も取り忘れてしまい、寒いし、良く見えない中での作業が災いし、
随分雑な仕上がりになりました(汗)。

DSCN3439.jpg

しかも左右でサイズが少し違い、軽い方が520gです。
P1000K単体が405gなので重さは2倍を超えることになります。
P1000Kの振動質量が3.1gですから、
制動力は130から300に強化されました。

DSCN3443.jpg

ここまで重量が増えると音は激変し、バランスを崩すことも多いので、
まず片チャンだけで様子を見てみました。
予想通り全域がハイスピードに変わっています。
全体のバランスも中域から上の能率そのものが上がっている感じです。

FEの音に近づいた印象で低域のキレも上がり、重心が上がったような変わり方ですが、
良く聴くと低域端も伸びているような気がします。
曖昧さが少なくなった分、引き締まって聞こえます。

これなら音楽的にも見かけのルックスとも合っているように思い、
両チャンネルに施すことにしました。

新作BHの製作8 完成試聴

DSCN3436.jpg

気づけば、オメガの自作スピーカーコンテストが、あと2週間に近づいています。
キャビネットのエージングは放置していても進みますが、
ユニットは鳴らさないとどうにもなりませんので、
昨夜になってユニットのマウントに取りかかりました。

DSCN3420.jpg

ツィーターのTW-394Aをそのままマウントすると少し沈み込むので、
バッフルとの面合わせにコルクを切って挟むことにしました。
その間にP1000Kを裸で鳴らしています。
相変わらず平凡な音です。

DSCN3426.jpg

TW-394AのローカットにはSOLENのSCR-0.33をパラって0.66μFで繋ぎますが、
このユニットは4.5Ωなので、殆ど鳴りません。

DSCN3434.jpg

2台でやっとのことステレオ再生での印象です。
パワーは入ります。バランスもまずまずの印象で低音も過不足ない感じです。
どちらかといえばシットリ系でしょうか。
BHのパンチ力もほどほどで、中域との繋がりも良いようです。

見かけはツィーターTW-394Aが完全に支配していますが、
音は殆ど出ていない訳で、実質P1000Kのキャラクターはそのままのようです。
ただクォリティーを気にすると、もう一段上を狙いたい気がします。
鉛スタビライザーで何とかなるかもしれません。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ