FR276 C.A.ピラー嫁入り

DSCN4207.jpg

3畳のラボの出入り口近くに突っ立っていたBH、RF276 C.A.ピラーの嫁入り先が決まり、
この度旅立つことになりました。

DSCN4865.jpg
DSCN4868.jpg

デザインや音質も気に入っていて、
オメガの会でのコンテストでもグランプリになった実力を持つ作品ですが、
現状では稼働するチャンスは殆どありません。

ちゃんと使っていただける方にお譲りした方が良いと思っていましたので、一安心です。
幸い、気に入ってくださったようで、有り難い感想も頂きました。

これでラボへの出入りは楽になりました。しかし依然と満員状態ですが…。
スポンサーサイト

書き直しまくりの設計図

ハーツフィールドnanoの設計は小さくても、ちゃんとしたBHに仕上げるのが目標です。
といっても3cmフルレンジなので、スロートも極細になってしまいます。

DSCN4864.jpg

そこで3層に分けて、上層(A)は幅20mmのCWホーンで、スリットを避けた形状。
中間層(B)は幅14mmのCWで断面は正方形に近い形状。
下層(C)は幅144mmで、ここは仕方なく超スリット。

上層と中間層は左右対称のツインホーンですが、
下層もツインにすると形は綺麗ですが、ホーン長が稼げません。
一番の問題は1mm程度のスリットがホーンとして動作するのかという点です。

そこでツインのホーンを下層で1本に合流させて、
少しでもホーンの高さと長さを稼ぐために書き直しました。
それでも音道高1mmの箇所は残りますが、
その結果、カットオフ24Hz、ホーン長134cmのBHに収まりました。

RF134という型番になりましたが、音楽的に充分な低音が出てくれれば良いなぁと思っています。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ