チタニウムコーンのエージングは?

エージングでの変化はどんなユニットでもあるはずですが、
アルミニウムコーンのM800の変化は経験したことのない変化でした。
同じように金属ユニットであるオーラサウンドのチタニウムコーンは変化するのだろうか?

DSCN5307.jpg

変わらない印象だったハーツフィールド・ナノを強制的にエージングしてみました。
さて、CDをリピート再生しながら放置した数時間後の様子ですが、
やはり変化が感じられません。
チタニウム振動板の特性と言うよりも、
この逆ドーム1枚型という単純な形状のお陰なんだろうと思いました。
スポンサーサイト

M800BH製作7 エージングで激変?

M800のBHが何処までエージングで変化するのかは、
当初期待していませんでした。
金属系フルレンジといえばAuraSoundのチタン振動板を経験しましたが、
鳴らし込んでも変化が少ないという印象です。

DSCN5299.jpg

しかしこのアルミのM800の変化は凄い。
もちろんBHの箱としての音質変化もありますが、
中高域はほぼユニットの変化と云えます。

繊細でフラットな印象で、やや地味な中高域でしたが、
エージングで反応が早くなり中高域の線が太くメリハリのようなものが出てきました。
FE系の音に近づいてきた感じがします。

紙のコーンの様に角が取れて滑らかさと繊細感が出てくるのとは逆の変化で、
このアルミコーンはエッジが立って音量まで上がってきた感じがします。
音場や繊細感はそのままですが、オーバーシュートするかのような反応の良さが出てきました。
同時に低域のアタックや制動力も上がっています。

DSCN5304.jpg

定番の『アフリカ』の乾いたパーカッションもウェルバランスで、
重すぎず、軽すぎず、キレの良い低域が心地よい。

DSCN5298.jpg

かなり完成度が上がってきたので、気を良くして、
今回はシールではなく、ネームプレートを打ち付けました。

玄関で聴くと…

DSCN5296.jpg

我が家では比較的ライブな空間といえる玄関です。
決して広くはないので、土間に椅子を置いて試聴しました。

気になるのは低域の量ですが、足らないと感じることはありません。
丁度良いか、多めに感じる方が多いといった具合です。
低域の質は柔らかめです。

低域のどこかにはっきりと山があるようには感じませんが、
中低域全体がややレベルが高いのかもしれません。
野外のドキメンタリー物の広い音場が表現できるかどうかでは、まずまずです。

取っ替え引っ替え聴いてみる中で、バランスが良かったのは
この『ライオン・キング』。ただここも試聴場所としては癖があるように思います。

超満員の試聴室で…

マコレのユニットをsolに変えてコンテスト機と聴き比べています。

DSCN5291.jpg

超満員の試聴室なので音の正確な判断は難しいのですが,
それぞれの音の違いは分かります。
音に輝きがあり厚みもある83 solは楽器の生々しさや活きの良さのようなものを感じますが、
音場は今ひとつです。割と広いバッフルが原因かもしれません。

一方M800のエボルチオは音離れや音場表現が抜群で歪み感は全くありません。
全域の瞬発力も出てきました。
バランスはフラットで低音端まで良く伸びています。
マコレの端切れ良い音に近づいてきました。
主に空気室内に対策を加えたことが効いたようです。

しかしこの3畳の部屋では当てになりません。
昨年のように玄関やリビングでも聴いて判断していきます。
この写真は机にカメラを置いて撮りましたが、
自分が入るとこの写真は撮れません。

最前列の超至近距離(車のハンドルくらいの位置)でも
聴けるがひとつの強みになるように思います。

FE83solを導入

RF246マコレに搭載しているのはFE83Eを対策(改造?)したものですが、
最新のFE83solを試してみたくなりました。
早速購入して片チャンネルだけ入れ替えてみました。

DSCN5285.jpg

ノーマルのままでは、バランスで83Eの圧勝ですが、それは箱との相性の問題です。
83solの中・高域の魅力を感じたので、同じ対策をして換装してみることにしました。

DSCN5281w.jpg

これは対策というよりも元に戻せない改造なので、絶対に真似はしないで下さい。
フレームを曲げることで背面の開口率と空気抵抗を下げるのが目的ですが、
BH専用器にするための対策ですから、それ以外の方式には合わないと思います。

できたフレームの凹部に補強を兼ねたエポキシパテを詰めて
低域で起こる風切り音を底滅します。
これでBHの空気室と振動板との一体感が生まれます。

DSCN5284.jpg

一番左がノーマルな83sol、真ん中が対策した83sol、右が対策した83Eです。
ステレオで聴くとsol特有の明るく華やかな音が感じられます。

DSCN5287.jpg

まだエージングが終わらないので、換装前と比べると一長一短の良い勝負ですが、
エボルチオ(M800コンテスト機)の調整には一役買ってくれそうです。

DSCN5290.jpg

エボルチオに切り替えると随分寝ぼけた音に(汗)。
価格差はおそらく4倍位あるので仕方のないことですが、
何処まで迫れるかが調整のポイントになりそうです。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ