真の箱を得たFE83-Sol?

DSCN5625.jpg

RF254エボルチオは昨年のStereo誌の自作スピーカーコンテストに出したものですが、
自分なりに理論と設計に拘ったバックロードホーンです。
M800という付録ユニット専用に作った当初は高音質な音がしていました。

ところがコンテストに向けて、エージングをしているとユニットが豹変。
繊細な透明感や奥行きは後退し、腰の重い平面的な音へと変わったように思います。
コンテストでは展示のみの出場でしたが、今思えば当然の結果だったのでしょう。
それでも、このデザインには判断しがたい違和感がありました。

ところが、落ち着かないカラーリングだったFE83-Solをマウントしてみると、あら不思議。
ピッタリとマッチしたような気がします。
音もまるでFE83-Sol専用に作ったかのようなウェルバランス。
FE83-Sol専用に、一から作ってもここまで行かないかもしれないと思うほどです。

しかし今回不思議に思ったことはFE83Eの低音能力です。
明らかに質感が高く40Hzまでしっかりと再生する性能の高さは、
何処が違うのだろうか。ボイスコイルが違うのでしょうか? 
疑問は消えません。
スポンサーサイト

FE83-Solをエボルチオに入れてみた!

マコレから外したFE83-Solをどうするか思案していたのですが、
昨年のコンテスト機『RF254エボルチオ』もその後手つかずでした。

DSCN5274_20170604193231068.jpg

箱の設計を見ると、何とかマッチしそうなのでユニットのM800を外してFE83-Solに換装してみることに決定。
しかしM800はバッフル開口が少し大きく、そのままでは空気漏れを起こしてしまいます。
新たなバッフル追加ではデザイン的にも問題があるので、
ここはエポキシ粘土で加工をすることにしました。

DSCN5607.jpg

開口直径79mmから73mmに縮小です。

DSCN5609.jpg

エポキシ粘土を木口に擦り付けるようにしっかりと盛りつけて、
柔らかいうちに盛り上がりをナイフで切り取ります。

DSCN5616.jpg

ユニットはどちらも対策していますが、比べるとM800改(右側)は、やり過ぎの感じか(汗)。
エポキシ粘土が完全固化したところでFE83-Sol改をハンダ付けし、早速試聴です。

DSCN5619.jpg
DSCN5622.jpg

良い感じです。
マコレの箱で感じた癖のようなモノは感じません。
音域バランスも良く、低域の繋がりもスムーズ。
最低域はマコレ83Eほど伸びてはいませんが、この箱にはベストのユニットに思えてきました。

見た目の色合いもM800よりマッチしています。
ただ低域の質感はマコレ83Eには遠く及ばない感じです。

個人的主観ですが、歴代FE83の中で最も低域の質感が高いのは83Eで
83Enも83-Solも低域は甘く異質な感じ。
83Eは超低域まで質感が揃っているように思います。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ