FC2ブログ

今年の「特選スピーカーユニット」をいきなり対策?

DSCN6770.jpg

19日に書店から入荷連絡があり、翌日購入した今年のマークオーディオの付録ユニットです。

DSCN6761.jpg

早速20Hz~20kHzのスイープ信号でチェックすると片方から異音が出ます。
ボイスコイルが少しあたっているようです。
2本の差が歴然だったのでガッカリ。

買い換えるのは嫌だし、交換するのも面倒くさいので、少し弄ってみました。
(※ここから先はフレームを弄ったことのない人は絶対に真似をしないで下さい。)
頑丈なフレームではないので、ユニット全体を握りながら少し力を加えると、
スイープ信号の異音が消えるポイントがありました。

DSCN6763.jpg

DSCN6765.jpg

4本足のフランジは細いので加工は簡単です。
1本をまっすぐに伸ばし、反対側を少し曲げただけ。
これで直るのは運良く症状が軽かったからなのかも知れませんが、上手く行きました。

DSCN6767.jpg

改めてユニットを良く見るとセンターキャップに工夫が見られます。
キャップの裾に膨らみがあり、この裏に接着剤が溜まる非常に小さな溝があるとかで、
接着強度が上がったそうです。

ボイスコイルとキャップは完全に接しているのが理想で、
間に接着剤が入ると接着剤の音になります。
かといって接着剤が少ないとくっつかないのが金属コーンですから、
上手くバランスを取った手法です。

DSCN6768.jpg

中央の凹部も昨年よりも少し大きくなっています。
ユニット単体での第一印象は小音量でも反応が良く、ストロークも大きい。
これは期待できそうです。
スポンサーサイト



帰ってきたスピーカーをリメイキング

先日のこと懐かしい同級生が訪ねてきて、
数年前に貸していたスピーカーを返してくれました。
派手なRFポストですが、嘗てF社のコンテストで炭山賞を頂いたものです。
ユニットはシミだらけで鳴らしてみるとバランスも悪いので、
これは、ものは試しとAIWAのユニットに交換したところです。

DSCN6758.jpg

シミだらけのFE127Eを良く見ると、
エッジのビスコロイドが抜けて布エッジはガーゼ状態です。
これでは低音もスカスカになるのは当然です。

DSCN6750.jpg
DSCN6751.jpg

もともと内磁型で奥行きがあるユニットに、
鉛のスタビライザーを付けてフレームも強化したとんでもないユニットになっています。
このままではAIWAのユニットが入らないので1㎜程度穴を広げます。

DSCN6753.jpg

DSCN6756.jpg

DSCN6754.jpg

ビス穴はそのままでピッタリです。
このユニットはアイデンのOEMで、
私が若い時、スピーカークラフトを始める切っ掛けになった愛すべきユニットです。
引き込み線の接着剤が黒いのは4Ωの印でしょう。8Ωは白です。

今見ても素朴で精悍なルックスが素敵です。
音はやっぱり素晴らしい。

DSCN6758.jpg

メリハリのあるキリッとした音で、高域も図太いのに決して五月蠅くない。
小音量でも明るくバランスが良い。
この音を聴くと学生時代を思い出すが、40年経った今も音の好みは変わっていないようです。
やっぱり良いものは良い。

Stereo誌付録のオーディオチェックCD

DSCN6747.jpg

Stereo誌7月号は随分前に買っていたのですが、
仕事が忙しくて、レジ袋を開いてもいませんでした。
今日やっと仕事が一段落したので付録のオーディオチェックCDを聴いてみました。

DSCN6748.jpg

これがなかなか良い。
究極のオーディオチェックCDと謳っているだけあって、
以前とは全く違った、自分好みの録音になっています。
スタジオ録音ですが、コンプレッサーの使用を控えて、できる限り手動で音量バランスを取っています。

時々気が付くDレンジの広さに、活きの良い表情で音楽を楽しめます。
一つの部屋での同時録音なので楽器同士の関わり方も自然です。
ライブの様な音場の良さに思わず曲間に拍手が沸き上がるのではと錯覚してしまいます。
ジャズ演奏の音楽性も高いので普通に楽しめるCDになっていることが嬉しいですね。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ