FC2ブログ

賑わいのオメガの会3

まるせいごさんはテクニクスFB-F071を改造されたものを発表。
吸音材、コンデンサー、ウーハーエッジを交換されたそうで、勉強になります。
市販品はトータルでのコストに制限をつけて構成しているので、
パーツごとに交換改造すると、それぞれの効果が良くわかります。

DSCN3613s.jpg

まとまりの良い音で安心して聴けます。
ここではオリジナルとの比較はできませんが、
確実なスキルアップに繋がる修行だといえます。
私も、こういった改造をどんどん行って勉強したいですが、
標準的市販品のバックロードホーンというものがないですね。


フルモトさんは、以前出されたエスカルゴタイプのスピーカーのリメイク。
前回のFF225WKをSEASのユニットに交換された理由はXmaxの大きい、
つまりコーンの駆動距離の大きなものに交換して低音再生の能率を上げようという趣旨です。
これは私も大賛成です。

DSCN3615.jpg

フルモトさんはイコライザーアンプ(写真)で低域を増幅して、
コーンの振動板のみで低域を再生するいつもの手法ですが、
今回は効果てきめんです。非常に深い重低音までフラットに再生されています。

重低音は動かす空気の量で能率が決まりますから、
Xmaxの大きい20cmは大きな部屋でも有利ですね。
動かす空気量の少ない小口径では、離れて聴くと重低音は消えていまいます。

BHでも同じです。
開口の小さいBHは離れて聴くと重低音が不足します。
バックロードバスレフも中で充分ホーンが開いていた方が良い様です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ