M800の検証

北山さんから貴重なコメントをいただいたので、
改めてM800を検証してみようと思います。
ただこれは私の妄想かもしれないので、話半分に捉えてください。

DSCN5341.jpg

今回のM800のユニット構造を見るとコーンとセンターキャップの密着一体化に合わせて
ゴムエッジでダンプするという構造です。
コーンの振動は内部損失に関わるはずですが、アルミの内部損失はある一定の衝撃を越えると変化します。

例えばアルミフレームのバイクでは最初はしなやかなんですが、ハードな運転で硬性がアップします。

以前FF85K のセンターキャップでも音質変化を経験しましたが
このM800 の薄いコーンはそれが顕著に出るのかもしれません。
エボルチオも一時期、素晴らしい立体音像を再現してくれましたが、
今はもう印象が変わっています。

これは錯覚ではなく、河野技研さんも「エージングで変な方向に変化した」と云っておられます。
もうひとつ
BHの動作としては、Q0 の高いユニットは空気室容量がシビアになることです。
これは以前Jacaranda(付録のスキャンスピーク5cmで作ったBH)の改善
空気室を僅か40ccの拡張で激変し、バランスが整いました。

大きめに作った空気室を縮小していくのは容易いですが、
逆に拡張していくのは経験が少ないので気が付きにくいポイントかもしれません。

中・高域の変化はユニット由来のものが多いと思いますが、
低域の変化は箱の構造や材質に大きく由来すると思っています。
さらに、この箱のエージングはユニットの口径が大きいほど分かりやすい変化が出るように思います。

さてこのM800は、どうしたら繊細感が戻ってくるか…難しいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

北山さん
貴重なコメントありがとうございます。

実は私の場合、作品を発送する前から気が付いていたのですが、
劣化ポイントは気のせいだろうと思い込むようにしていました。

このユニットのしなやかな初期特性の時の立体音像に魅力を感じたのですが、
その時の感じに戻すのは難しいですね。

No title

私もつづらで音の劣化を経験しましたので、ご報告します。

年が明けてやっと開梱し、鳴らしてみたところ「???」。
音に芯が無く、音像もあやふやです。こんな音で送り出したはずはない‥。

そこで、自分で書いたコメントを信じて空気室を縮小(0.04L)してみたところ
(Vaは 0.67L → 0.63L に。Soは 8.6cm2 ですので、fxは 128Hz → 137Hz に)
音に力と張りがよみがえり、第二次審査応募前の音に戻ったようです。
音出し審査の時は、果たしてどちらの音だったのでしょうか‥‥。

つづらに関しては「エージングが進むことでfx=128Hzでは純粋なBHとしては
動作しなくなった」のではないかと感じております。
体験したのでそう判断しているだけで、理屈は解っていません。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ