ライバルは802 D3?

昨年末、地元のオーディオフェアで聴いた
B&Wのハイエンドスピーカー802 D3 が気になっていました。

DSCN5358t.jpg

「市販品もついにここまで来たか…」という印象で、
我が家のメインが負けているのを認識しました(当たり前か…)。
まるでフルレンジのような抜けの良さにきめ細かさと立体音像。
音の粒立ちが滑らかなのに一つ一つに力があります。

というのも我が家のメインシステムをほったらかして、手入れをしていないので、
音に輝きが無くなっているので当然だろうな…という印象でした。
でも負けてはいけない、いや負けるはずはない。
という想いでブラッシュアップクリーニングを開始しました。

DSCN5349.jpg

といっても殆どの接点は対策しているので、
ネックになっているパワーアンプHMA-9500MKⅡのリレーを中心にクリーニングです。
問題のリレーは左右のチャンネルに各一つありますが、
接点は4極あり、表面は分解しないと見えません。
割と大型なので、写真のように透明なカバーを外せば隙間からクリーニングが可能です。

DSCN5347.jpg

ここへクリーニングスティックECを突っ込むと真っ黒け。あまりの黒ずみに驚きました。
これでは良い音がするはずがないですね。

DSCN5360.jpg

専用グッズに感心しながらGOLD Contact PROを塗布仕上げして、
スピーカーターミナルとケーブルも同様にクリーニング。さて試聴。

DSCN5352w.jpg

音が出た瞬間に笑みがこぼれました。音と音との隙間も細かい音が埋め尽くし、
艶と輝きが戻ってきました。
「随分酷い音になっていたな…」と反省しました。

これなら802 D3に負けない。
価格差は20分の1のスピーカーですが、トゥイーター周りをブラッシュアップすれば
勝てるかも…(笑)と思い込みは続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

kenbeさん

能率の高さとネットワーク回路のシンプルさには自身があります(笑)。
ハイエンドを名乗れるように今年も頑張ります。

No title

ハイエンド自作スピーカーですね。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ