FC2ブログ

愛すべきプリアンプ PRA-2000

今日はメインシステムでじっくりとCDを鑑賞しました。
PRA-2000が2号機になって、音はどうなったのか、本当に良くなったのか。

DSCN6377.jpg

普段よりも少し大きめの音でしたが、非常に心地よい。
スッキリとした見通しの良い音場でクリア。ただ奇麗なだけではなく、
生音のような躍動感も損なわれていない。
1号機に比べると1ランク上のクリアーな音です。

今まで、ボーカルの瞬間的なピークで歪みが出ていたある曲が、
歪まず再生できたのには驚いた。録音の問題ではなかったのです。
音像定位も鮮やかで、しっかりと気配を伴って立体的に配置する。
その音像の間にある空気感の再生も見事で、
スタジオの空間や電気的処理の違いが、CDごとに感じられる。

何もかも1号機を上回る。
逆に気が付かないうちに内に1号機は劣化していたとも言えます。

この2号機は修理品とは知らずに購入しましたが、
プロの修理屋さんによるしっかりとしたもの。
かなり高額な修理費がかかっているものと思われます。
そう考えるととても幸運でした。

もちろん耐震・省接点処理をしなければ、この音は出ませんが、
オークションで狙っていたアキュフェーズのC-280(未だに高額です)に近づいた気がします。

改めてPRA-2000の設計・開発者に敬意を贈りたい気持ちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ