FC2ブログ

新作は真空管アンプ??

今日やっと出来上がりました。

DSCN6422.jpg

アンプの中身は2014年Stereo誌1月号付録のデジタルアンプです。
当初はビンテージアンプのミニチュアコピーを作る予定でしたが、
ボリュウムがセンターにあるものがないので、
最近気になっている小型真空管アンプの佇まいを狙ってみました。

DSCN6392.jpg

中古の真空管にルーターで穴を開け、オレンジ色のLEDを仕込みます。
内部が白く粉だらけになったので水洗いすると煤箔まで綺麗に取れて新品に(汗)。

DSCN6426.jpg

DSCN6409.jpg

基盤を支えるのは、くり抜いたMDFに銅箔テープを貼ったシャーシ風ベースです。

DSCN6417.jpg

パソコンで描いたフロントパネルは、OHPシートに印刷してアルミテープを貼ったもの。

DSCN6410.jpg

LED部分のみケーブルを伸ばしましたが、背面の端子部分はオリジナルのままです。

DSCN6413.jpg

DSCN6429.jpg

DSCN6433.jpg

真空管ソケットやインシュレーターにも銅箔を巻いてデザイン的な統一感を出してみました。
音は、まだ聴いていません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きたやまさん
コメントありがとうございます。

はじめて真空管というものを買いました。

「ジャンクの真空管ってありますか?」
「・・・中古のものならあそこにありますよ」

って買ったのがこのmT管です。
真空管は発熱して頑張っている感が好きです。
確かに、ものすごいプラシーボ効果があります(笑)。

真空管アンプの音の良さは基盤やジョイントを使わず、
ハンダ付けをしていることだと思っています。

No title

これは、高いプラシーボ効果が期待できそうですね!
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ