FC2ブログ

ゆらぎ組み立て法?をちょっぴり進化

バックロードホーンの鳴き(ホーン臭さ)はCWホーン特有の癖であって、
本来のバックロードホーンには癖はない…というのが持論で、対策してきました。
その一つが『ゆらぎ組み立て法』です。
今回はそれを少し進化させてみました。
小・中・大と長さの異なるホーン壁にそれぞれ補強を付けたところです。

DSCN6493.jpg

昨年までは長さに関わらず全て左の様に補強していましたが、
今回3種類の補強パターンで作っています。
音道壁が同じ長さで続くよりも、長さが異なる方が、癖が出にくいのではないかという仮説が設計ポイントにあります。

DSCN6494.jpg

車内放置で反ってしまった外壁を修正しながら貼り付けています。

DSCN6497.jpg

この補強の付いた音道壁を側板にスコヤを当てながら貼り付けていくと組み上がっていきます。

DSCN6498.jpg

円形スロートから第2空気室を通ってCWホーンへ繋がります。
今回ヘッド部分を桧で曲面化する予定ですが、
12mm厚を10枚貼り重ねると123mmになり、3mm飛び出してしまいました。

DSCN6513.jpg
DSCN6517.jpg

鉋をかけて面を揃えるのは簡単ですが、
この階段形状を上手く曲面化できるかどうかが最大の難関です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ