FC2ブログ

一壁越えたボーカルの表現

DCD-SA1のホームページから拝借した画像です。

dcd-sa1(9).jpg

この画像を見たのが徹底対策の切っ掛けでした。
「ここまでしないと、良い音にならないのか…」と。

色々なCDで音を確認している、対策後のDCD-1650AEですが、ボーカルを聴いてみて、
その音の変化に驚いています。
これはもしかしたら2ランク上の音になっているかも知れない(笑)、と感じています。

言葉では表現しにくいのですが、すべてに於いて向上しています。

DSCN6719.jpg

今まで余り気にしていなかった歌詞がどんどん頭に入ってくる。
歌声が埋もれがちになるソフトでもボーカルがクッキリと浮かび上がり、
乱れなく前に音が出てくる。
ある曲では、一カ所だけレッドゾーンに入ったかのようだった声のピークでも、
潰れること無くスカッと出し切ってくれる。

今まで録音を失敗していると思っていたソフトなんですが、
再生機の問題だったと分かりました。
「サシスセソ」も美しく、そこに居るかのように自然。
今までの変化の仕方とは少し違うような気がします。

これはやはりカップリングとして追加したΛコンデンサーが、
音楽的な魅力も高めてくれたようです。
DCD-1650AEの出力終段の基盤に
植えられるはずであったカップリングコンデンサーよりも、
明らかに上回るΛコンデンサーは、今でも優秀なパーツなんだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ