FC2ブログ

インシュレーターの制作

底面開口BHなのでどうしても本体を浮かせる脚が必要なんですが、
直置きすると小型密閉型の様な音になります。
その音はユニット前面の音かといえばそうではなく、
ホーンを差し引いた音とは違うようです。

DSCN6865.jpg

あり合わせのインシュレーターで音を聴いた感じでは9㎜あたりが良さそうですが、
ホーン開口解放の1/3になります。
これは昨年度のサイプレスの結果と同じ。
昨年と違うのは、底板を付けずに脚だけで調整するので高さ調整ができるタイプにしました。

DSCN6854.jpg

水栓に大小のワッシャーとコルクシートを組み合わせて造ります。
2枚合わせの32㎜径に、コルクを巻いた水栓をはめ込み、小さいワッシャーで蓋をします。

DSCN6857.jpg

瞬間接着剤で貼り付け、周囲をエポキシで固めて一体化します。

DSCN6858.jpg

余分なエポキシはドリルで回しながらヤスリがけ。
仕上げに銅テープを貼りましたが、30㎜幅なので少し足りません(汗)。

DSCN6860.jpg
DSCN6863.jpg

単体で8㎜強の厚さにワッシャーを足して高さ調節が出来ますが、
今のところワッシャー無しで良さそうです。

DSCN6866.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年は微調整でよりベストな特性に持っていくことが出来る構造で、
応募時はこれもアピールポイントになりますね。

Re: No title

きたやまさん
コメントありがとうございます。

脚というよりもスペーサーのように見えますが、僅か1㎜でも音が変わります。
どの音を狙うか難しいです。

コンテスト締め切りまで残り1ヶ月を切りましたが、
きたやまさんの作品はどうですか。

No title

ありがとうございます。

完成までの道のりの4分の3は越えたかな‥といったところです。
板の接着は終えたので、マルチダクトの出口穴のR加工・バッフルの面取り・
仕上げ・吸音材の取付け(手が入るかなぁ~)が残っています。

補正回路付きのシングルバスレフですが、板鳴りを外に出さない2重箱構造で、
ネットワークはもう箱の中・ダクトも板の積層と、すでに調整はほぼ不可能。
最後にユニットを付けた瞬間に設計の勝敗が決まる、ドキドキのスピーカーです。

Re: No title

きたやまさん

> 2重箱構造で、

それは凄い! サイズアップしているのでしょうか。

> 最後にユニットを付けた瞬間に設計の勝敗が決まる、ドキドキのスピーカーです。

私も似た様なものですが、昨年のが試作品と思えば、思い切ってできますよね。


プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ