FC2ブログ

LXA-OT1で〝マークレビンソン(風)〟を作る

最初はビンテージアンプのミニチュアコピーを作ろうと思っていたのですが、
ボリュウムが真ん中にあるアンプって意外と少ないですね。
買ってきたモールドケースも幅は十分でしたが、奥行きと高さが足りません。
入出力端子もそのまま使いたいので、かなりケースを改造しなければならなくなりました。
工作道具も木工用しか持っていませんが、なんとかドリルとカッターナイフで穴を開けます。

DSCN1888ss.jpg

ぴったりの穴では、はめ込みが出来ない事が分かり、ターミナルは多きめの穴になりました。
スピーカーターミナルが上に突き出てしまいますが、マニアックに見えて良いかも、と良い方に解釈します。しかしケースの奥行きが深すぎて、ボリュウムつまみが届きません。

結局フロントを引っ込めて対応します。ケースに合わせてMDFでベースを作り、基盤をネジ止めします。ここでオペレーションランプ(LED)に気が付きました。せっかくオレンジ色の光を箱で閉ざすのはもったいないですね。

DSCN1894ss.jpg

そこでこの光をフロントパネルに誘導することにしました。
CDRを切り合わせて、扇状を作り、アルミテープの反射面で囲んでみました。(基盤に接触しないように要注意です。)丁度良い位置へホットボンドで固定しました。

前面パネルをMDFで造形します。組み合わせて通電してみました。つまみの右にオペレーションランプがオレンジ色に光っていい感じです。

DSCN1910ss.jpg

組み合わせてみて何だか物足りなさを感じるので、左右にヒートシンクを付けることにしました。
(といってもデジアンには必要ないモノですが…)
大袈裟に付けると音圧を拾って鳴いたりするので、それっぽいモノで我慢します。
新たに100円ショップでペン立てを買ってきました。
しかし、これが恐ろしく硬質なプラスチックで一番苦労しました。
これをケースの左右に貼り付けて、いよいよ塗装です。

DSCN1914.jpg

いつものツヤ消し黒で吹き上げました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

順調に進んでますね。こちらは時間切れで未完成となってしまいました。続きはまた来週。

こちらの進み具合はというと、ほぼ完成状態なのですがフロントパネルができていないので、
スイッチやLEDが装着できていません。さらに、電源コードを取り外しできるようにしたのです
が、肝心の電源コードもできていません。(電源はスイッチング電源を採用。)

Re: No title

> こちらの進み具合はというと、ほぼ完成状態なのですがフロントパネルができていないので、
> スイッチやLEDが装着できていません。さらに、電源コードを取り外しできるようにしたのです
> が、肝心の電源コードもできていません。(電源はスイッチング電源を採用。)

何だか凄いことになっていますね。
私のは、何だかオリジナルよりもちっちゃく見えるような気がします。
でもまだインシュレーターが無いからかもしれません。
軽いので、重しも必要かとも考えています。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ