FC2ブログ

LXA-OT1で〝Mark Levinson(風?)〟デジアン完成!

デジアンといえどもインシュレーターは必要ですね。
材料箱の中を探していると廃材のターミナル部品にちょうど良さそうなモノがありました。
小指の先くらいのリング状に薄いゴムで滑り止めを付けます。↓
塗装の乾いたケースの裏に、鳴き振動や転がり防止の錘を貼り付けて安定感を出します。

DSCN1917ss.jpg

↑これですべてのパーツが完成しました。いよいよ組み立てです。
まず基盤のベースをネジで固定します。

↓背面の入出力ターミナルをネジで固定します。これで重いケーブルの抜き差しも安心です。
底板とインシュレーターを固定したら、最後にボリュウムつまみを極細の6角レンチで締めて完成!

DSCN1936ss.jpg

↑左がOFF、右がスイッチを入れた状態です。
ボリュウムツマミは一般的な7時→5時の回転になりました。
オレンジ色のオペレーションLEDがほど良く光っています。

DSCN1946s.jpg

どこが〝Mark Levinson〟なんだ、と叱られそうですが、
何となくこんな感じかなぁ…といった個人的なイメージです(笑)。
さてどうでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

こんばんは ケイさん
感想ありがとうございます。

> ところで熱は大丈夫なのでしょうか?

あー … 全然考えていなかったです〈汗〉。
放熱板も無い小出力デジアンなので、
たぶん大丈夫だろうと思いますが…。
どうなんでしょう

Re: No title

たてちゅうさん
ありがとうございます。

アンプもやっぱり美しいのがいいと思うのですが、
スピーカー工作の様には行きませんね。
精密さが必要なので、難しかったです。

No title

おお、カッコいい~っ。
インジケーターのあたりが特にいいですね。
ところで熱は大丈夫なのでしょうか?

No title

かっこいいですね!
私まだ未完成です(^_^;)

Re: No title

> こちらのLXA-OT1も完成しました。

画像を観て吃驚しました。
素晴らしいです。
私のとは比べものになりませんね。
例会での鳴らし比べが楽しみです。

No title

こちらのLXA-OT1も完成しました。オメガの掲示板に写真UPしましたので、ご覧ください。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ