FC2ブログ

『究極のオーディオチェックCD2』を聴く

やっと時間がとれてstereo誌2月号付録のオーディオチェックCDをメインシステムで聴くことが出来ました。
これほどはっきりと異なるパターンのマイクのセッティングが明記してあるソフトは他にないのでとても貴重な音源だと思います。
まるでテストを受けているように、ドキドキしながら聴き始めました。

DSCN1958s.jpg

〝トラック1と3〟は左から順にフルート、左中央寄りにオーボエ、中央にホルン、右よりにファゴット、右にクラリネットを配置したスポットマイク録音です。それぞれの楽器の近くにマイクを置いた、いわゆる一般的なスタジオ録音に近い感じで、主にミキシングに依って配置を再現している感じです。
直接音が多いので音像は小さめ。小音量では点音源に近い感じで点在しますが、実音量並みに上げると、それなりの大きさに感じます。まずは合格でしょうか。

DSCN1972s.jpg

〝トラック2と6〟はDECCA TREEと言われている左右と中央の3本マイクに、アンビエンス用に左右に2本、観客方向に付け加えた5本構成です。
スポットマイクとは全く違い、音像が広がり、かなり距離感も感じられます。定位はぼやけた感じなのですが、よく聴くとピンポイントで位置が分かります。

しかし何か違和感があります。
スポットマイク録音で感じた自然さがありません。楽器の配置が狭くなり、奥行きも詰まった感じで不自然なんです。我が家のシステムに問題があるのかと思いながら、良く記事を読むと、分かりました。
このDECCA TREEを3m強の高さにセッティングしています。
何故こんな高さにしたのでしょうか。
もともとDECCA TREEはオーケストラの録音のために考え出された方式で、大編成の広い音源を自然にとらえるために高い位置から録音します。しかし今回の3m以内の至近距離に収まっている小編成音源に3m強の高さは必要なんでしょうか。自分自身も仕事柄、年に一、二度ステージ生演奏をデジタル録音しますが、観客の足音やノイズを避けるために少しマイクの位置を上げることはありますが、これは事情が違います。スポットマイクの高さ1.5mと同じ高さで録ってくれないと、本当の比較ができません。
奥行きが思うように出ないのは、録音時の床からの反射が原因のような気がします。
観客の居ないフラットな床のこの録音会場で、3m強の高さから聴くこと自体ナンセンスではないでしょうか。おまけに折角のアンビエンスマイクも実際にはほとんどミックスされなかったと書いてあり、ガッカリです。床の反射が必要なのはウッドベースや大型パーカッション、ピアノなどであり、この音源達には必要なかったはずです。実際の臨場感というものは、観客席に座って聴いている自分の記憶(経験)に繋がって再現されるものだと思います。
同じ理由で〝トラック4〟のワンポイントステレオ録音も少し残念です。楽器の後方には床ではなく、広いホールの離れた〝壁〟であって欲しいものです。

それとは違い、〝トラック9〟のウィーンでのスナップはとても良かった。

DSCN1974s.jpg

日本とは違いすべてが石造りの街中での音は残響がとても長く一瞬で異国の感じが味わえます。
360度サラウンド音源はハッキリとマイクの位置と自分自身とが重なりました。問題点は左右のつながりで、移動する馬車が中央を横切るとき、やや動きが速く感じてしまいます。ジワジワと端から近づいてきて、目の前付近でやや足早に通り過ぎる感じがします。
丁度良いと感じるリスニングポイントは他にあるのかもしれません。

〝トラック10と11〟のSLも素晴らしい録音です。

DSCN1975s.jpg
DSCN1979s.jpg

どうやってウインドウノイズをカットしたのでしょうか。無風状態だったのかもしれませんね。
広大な野外音場にリビングの壁が無くなります。
とくにトラック10のSLの力強さと大きさを再生するには、30Hz以下の超低音が大切なのですが、なんとかズシッと再生することができました。音量を上げるとど迫力で恐怖感も伴います。

やはり我が家のシステムはリスニングルームで間接音を作るのではなく、直接音重視のワンポイントステレオ録音が1番得意のようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ