FC2ブログ

『究極のオーディオチェックCD2』は本当に究極か?

先週聴いた印象を確認するために性懲りもなくまた、このStereo誌のオーディオチェックCDをじっくりと聴いてみました。
〝究極〟と名乗っている以上は、聴く側も妥協しないでチェックしたいと思います。

DSCN1988.jpg

トラック1のスポットマイクの定位は非常に安定していて、方向と距離が、ピタッと定まっています。
楽器の後ろの空間は殆ど感じませんが、リスナーに向かって自然な広がりを感じます。
フルートはちょうど左チャンネルのスピーカーの位置に定位し、リアル。順にオーボエ(左中寄り)、ホルン(中央)、ファゴット(右中寄り)、右スピーカーの位置にクラリネットが定位しそれぞれリアル。
とくにファゴットは「パタパタ」とバルブノイズがあるお陰で演奏者まで感じてしまいます。
(汚いラフスケッチでごめんなさい。)

40004.jpg

問題はトラック2とトラック6のデッカツリーです。
自然なホールの響きと直接音とのバランスが丁度良く、音の響きは最高かもしれません。
しかし音像や定位はかなり不自然なんです。

40005.jpg

一番左にいるはずのフルートが中央寄りに移動し、音像も横長に伸びて大きい。フルートがこんなに大きいのは変です。変わって左端にいるのは何故かオーボエ。右端はファゴットで、それぞれスピーカーよりも少し内側に定位します。
右端にいるはずのクラリネットも中央に寄りに、横長に膨らみ、時々定位が左右にふらつきます。
中央のホルンは安定していますが、存在が薄くボケ気味。
一番存在感のしっかりしているのはファゴットです。

40003.jpg

録音現場の写真を見るとフルートとクラリネットの距離は3m位でしょうか。お互い向かい合って座っています。
その間にデッカツリーのマイクがそびえ立っており、高さ3m強。
もしも床が鏡だったら、デッカツリーの右マイクの位置からフルートを見ると、左の実像とともに、中央寄りに、逆さまになったフルートの虚像も見えるはずです。
この位相のずれた2つに離れた像のお陰で、フルートは大きく伸びて中央よりに移動してしまったと考えられます。
同様に右のクラリネットも中央寄りに引き延ばされていますが、演奏者の体の動きに合わせて木管の開口が虚像の位置と重なったときに左のマイクに強く入る可能性があるので、時々ふらつくのだと思います。「ちゃんと座って吹きなさーい!」って感じです(笑)。
ファゴットがなぜ一番安定しているのか、調べてみると分かりました。
ファゴットは二つ折りの木管で、開口は上端なんですね。開口がマイク方向に向いているのでしっかり安定して録れるわけです。
デッカツリーは歴史も定評もある録音方式ですが、常識に捕らわれると、今回のように小編成の演奏にはベストではないと思います。もっと低い位置から録るか、床に絨毯を敷くとかして、現場の音をちゃんと確認しながら、レコーディングして欲しかったと思います。
オーケストラのように大編成なら、さらに高い位置で録り、パートの集団による〝面〟で捕らえるので、床の反射など全く無視できるのですが…。

次のトラック4のワンポイント(近)録音も床の反射の影響で各楽器の音像が上下に伸びていて不自然です。

40006.jpg

下の方はだんだんと消えている感じです。

トラック5のワンポイント(遠)の音像はまともですが、さすがに遠くて音像が小さく、5つの楽器が中央付近に寄り添った感じで面白くありません。反面、ホールの広さや深さは一番しっかりと感じます。

トラック7、8の大編成録音は普段聴いている安定感のある録音で安心して聴けますね。

トラック9~11はさすが石田氏の録音という感じで、自然で臨場感たっぷり。
何の小細工のない安心して聴ける、これこそ3D音源だと思います。
でも、こんな録音方式のソフトは、あまり市場にはないんですよね。

今回このCDを聴いて改めて録音の大切さと難しさを思い知らされました。
もし、もう一度こんな企画CDを作るのであれば、是非、耳の高さでのマイク録音(客席位置)もお願いしたいものですが、こんな我が儘なことを言うのはたぶん私だけでしょうね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ