FC2ブログ

ユニットの素の音が大切

先週のオメガの会で皆さんに試聴していただいた〝対策FE83En〟です。

DSCN2032.jpg

直前まで加工をしていました。
フレームのブリッジ部分を外側に曲げて半パイプ状にした凹部に金属用エポキシパテを盛っています。
さらにマグネットとフレームとの谷間もパテ埋めをしています。
平面バッフルでの試聴ですが、会長さんが用意したノーマルのFE83Enを試聴した後、
これに付け替えて試聴しました。

FE83En.jpg

ユニット取り付け穴はテーパー処理しないままの取り付けでしたが、
エージングゼロにもかかわらず、『エージングが済んだ様なバランスの良い音』という評価を頂きました。バッフル加工がベストであれば、さらに魅力的な音を出してくれたのではないかと思います。
ノーマルユニットとの違いは大きく、一度この音を味わえば、もうノーマルの音がバカバカしくなる程、病み付きになります。
ウエーブコアFR070WA01対FE83Enのユニット対決でウエーブコアの音の傾向とポテンシャルはかなり高いと分かりましたが、BHに組み込むとしたときのユニット能力は低いように感じました。
BHはコーン裏面と空気室との一体感が大切なのですが、ウエーブコアの背面の音には独特のものがあり、中域の抜け方には独特の技術があるかもしれないとも思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

後は、マグネット背面を音(空気の流れ)がスムーズに流れるようにラウンド加工(ウエイト付加も兼ね)を行えば、完璧ですね。

オペアンプ MUSES8920D が先月末より一般市場にも発売されています。01の様にワイドレンジでは無いですが、なかなか良いですよ。
LXA-OT1ノーマル機にて確認しています。

前回のプチホーン(リップリング)と言いましょうか、私も少し思う所がありますので試してみようと思っています。

Re: No title

> 後は、マグネット背面を音(空気の流れ)がスムーズに流れるようにラウンド加工(ウエイト付加も兼ね)を行えば、完璧ですね。

はい。

その予定で、背面のラベルをサイドへと貼り替えています。
RFマコレもその様になっております。
今回はさらに大きくしようかな…なんて思っています。

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ