FC2ブログ

メーカーが違えば音も違う

オンキョーのCR-S1(X-S1のCDレシーバー本体)を対策して以来、毎日聴いていますが、かなり耳に馴染んできました(私が慣れてきたのかも…笑)。

DSCN2336.jpg

でも、ときどき前機のAIWAに戻すと、やはりこちらの方がナチュラルバランスに聞こえます。
オーディオ的には劣っていても、音楽的にバランスがよいのです。
AIWAは10代の頃から聴き馴染んで来たので染みついたものがあるのかもしれません。
CR-S1の音バランスはどっしりと深く伸びた低域と張りのある、やや前に出る中域といった印象で、ナチュラルな印象とは少し違います。
20代前半の若い頃、ビクターのプリメインからオンキョーのセパレートアンプに変えた時に感じたあのバランスと同じです。『ああっ これがオンキョーなんだ』と。
以来、今日も同じ音作りをされているんですね。デジタルアンプなのに、しっかりとカラーが出てくることも不思議ですが、そのいつまでも変わらない音バランスの基準はどこから来るのでしょうか。
5日間試聴してみて、オーディオ的な特性は調整用としては充分です。長時間聴いても聴き疲れなく、寝ぼけた感じのソフトもハキハキと再生する感じです。

ただ問題もあります。
CDをジョグダイヤルやリモコンで選曲すると、『ボッ』という曲間ノイズが入ることと、デジダルアンプなのにトランスが大きく、予想外に発熱も多いことです。
流行のスイッチング電源を使わないのは、レシーバーとしてのチューナーの性能を維持するためなんでしょうね。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【メーカーが違えば音も違う】

オンキョーのCR-S1(X-S1のCDレシーバー本体)を対策して以来、毎日聴いていますが、かなり耳に馴染んできました(私が慣れてきたのかも…笑)。でも、ときどき前機のAIWAに戻すと、やはりこちらの方がナチュラルバランスに聞こえます。オーディオ的には劣っていても、音楽的?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴40年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ