ついに憧れのCA-S10入手

以前から気になっていた
フライングモールの高出力ブリメインアンプCA-S10(写真下)と
上に乗っているのが小型プリメインアンプCA-S3(リビングにあるのが一号機で、これは2号機)です。

DSCN5589.jpg
DSCN5594.jpg

一時期CA-S3を3台持っていたのですが、
改造していないノーマルなCA-S3を元手にして出し、今回 CA-S10を入手しました。
デザインは一緒です。大きいと云ってもA4サイズよりも幅は短く、コンパクト。
重さ4kgですが、その半分はキャビネットが占めている頑強な機体です。

実は先月購入したものが故障品であったため返品返金して貰い、
別件で購入した2台目のCA-S10なのです。
これはコンディションが良く、長い付き合いになりそうなので、早速手入れをすることにしました。
出力100Wのモノーラルユニットが2つ並び、その前面にプリアンプが並んでいます。

DSCN5586s.jpg

このプリアンプが意外と優秀で、しかもプリアウトがあるので気に入っています。
3系統のライン入力を接点無しで切り替えられるロジック回路搭載の無接点回路構成
が売りの一つですが、実際は接点だらけ。
上の画像も、すでにジョイントレスの省接点処理を行った後の姿です。

DSCN5586ss_20170520205938dbf.jpg

一見変わっていませんがよく見るとジョイントの内ソケットが無くなってハンダ付けが見えます。

DSCN5598.jpg

取り除いたジョイントソケットをよく見ると茶色にくすんでいる部分があります。
これはジョイントから火花が飛んでいた証拠で、これらがいずれ故障の原因になります。
スイッチング電源周りに、この茶色のくすみが多く、かなり無理をしていたようですが、
これで完全な無接点アンプとなりました。

くれぐれもこれは改造ですので真似はしない様にして下さい(結構多くて大変でした)。

作り置きしたP800でBS

P650のBSで味を占めたので、眠っているP800にも箱を作ってみることにしました。
材料は桧の無垢材と行きたいところですが、サイズ的に集成材しか見当たりません。
100×910×12mmを2枚購入して、手作り製作。

DSCN5533.jpg

バッフルと背板は板厚2枚分の長さを足した寸法(高さ)で切り出し、残りを4等分、余りなし。
今回も電機工具は一切無しで、製作を楽しむ企画です。

DSCN5534.jpg

手鋸で垂直に切り出す自信はないので板を当てがっての切り出し。
丸鋸盤を使えば5分程度の作業ですが、スコヤを当てながら小1時間。

DSCN5537.jpg

それ以上時間がかかったのがユニット取り付け穴とバスレフポートの切り出しです。
手回しドリルと引き回し鋸を駆使して何とか終了。
電動糸鋸を使えば10分で綺麗に終わるはずです。

DSCN5538.jpg

DSCN5542.jpg

ハタガネの数は限られているのでゆっくりと組み立てます。

DSCN5548.jpg

ターミナルのベースには今回もローズウッドを使い、
紙パイプのダクトまわりにはテーパーを付けてみました。

DSCN5549.jpg

ユニットは強度を上げて空気抵抗を改善した、
高SN対策に、フェルトをマグネット背面に貼っています。
吸音材としてはこのフェルトのみ。

天気が良いのでオスモカラーも良く乾き、早速試聴。

DSCN5552.jpg

思ったよりも低音端が良く出ます。
高域もP650よりも出ます。ややシャクレを感じますが、全体はワイドレンジでバランスが良くキレが良い。
明日のオメガの例会でも鳴らしてみます。

時代を作ったAIWAのもの作り

このAIWAのSC-E20はキャリーコンポの一部として構成されたものだったので、
野外使用に耐えるしっかりとした造りになっています。

DSCN5531.jpg

しかし前面グリルのパンチングメタルは音質に影響がありそうですし、
バスレフダクトのダストネットも出来れば外したいところです。
ということで8本の木ネジを抜いて裏蓋を外してみました。

DSCN5524.jpg

流石、AIWAの仕事は丁寧です。ユニットはまずインナーバッフルに前面取り付けして、
それをメインバッフルに後面取り付けするという2重合わせ構造のようです。

DSCN5529.jpg

内部の四隅にあるナットで固定してありますが、
その後でベニアの三角チップを貼って補強してあり、
この木片を剥がさないと分解は不可能です。

DSCN5530.jpg

メーカーとしてはユニット交換する気は無かったのか、
少々では壊れないという自信なのか判りませんが、
いずれにしても手抜きをしない堅実な造りはAIWAのもの作りに対する姿勢を表していますね。

子どもの頃から「ラジカセはAIWA」と機能と信頼感で親しんできましたが、
それはこんな裏付けがあったからなんでしょう。

結局そのまま元のように戻しましたが、
新しい箱を作るにはこの箱を壊すことになるので、よほどしっかりと良いものを作らないといけません。
当分このままになりそうです。

原点回帰

職場が転勤となり、忙しい日々が続いていましたが
漸く職場の引っ越し荷物も片付きました。
かつての懐かしい職場に帰ってきたのですが、そんな折
オークションでやっと手に入れたのがこれです。

DSCN5487.jpg

AIWAのSC-E20です。
大事なのは使われているユニットで、知っている人はご存じのアイデンAF-50PのOEM供給品です。

このユニットは三洋にも供給していますが
実際に私が使っていたのはAIWAのSC-45で、最初はラジカセに繋いで使用。
それを、学生寮を出たのを切っ掛けに自作バスレフエンクロージャに換装、
やがて自作BHへも搭載した、私が愛した初恋のユニットと云うわけです。

これがもともとアイデンのユニットであることは後から知ったのですが
AIWAでは、その他SC-47にも使われ、これらのユニットが今でもネット上で大人気。
オークションでは高値が付きなかなか落札できない状態が続いていますが
今回やっと手に入れることができたわけです。

このエンクロージャでは本領発揮は無理ですが
それでも嘗てのJBLの様なキレの良さと中・高域の定位の良さを感じて、懐かしい。
そのうち専用のバスレフをつくる予定です。

今年のクラフト計画は…

DSCN5471.jpg

Stereo誌4月号の付録に
『究極のオーディオチェックCD2017』 が付いていたので迷わず購入しました。

といってもじっくりと聴いている時間は今はないので感想は後日です。
さらっと本誌をめくってみると今年も「工作人間」募集の告知記事があります。
その中で、昨年応募した私の『ハーツフィールド・ナノ』の製作画像に目が止まりました。

DSCN5472.jpg
                  
DSCN5030.jpg

毎年、告知記事に載せてくれている様でなんだか嬉しいですね。
もう一つの告知はスピーカーユニット付録のMOOKの発売についてです。
スピーカーコンテストについてはまだ何も告知はなく、有るのか無いのか…
はっきり言えない大人の事情もありますね。

オメガの例会から再考する

DSCN5438.jpg
(↑河野技研さんのノラーリ?)

忙しくてブログは放置状態。

DSCN5462.jpg

今日は先月26日の「第103回オメガの例会」を振り返っています。
(それにしても良く続きます)
発表のすべてを撮っていたつもりでしたが、
今回もやっぱり撮り忘れのミスをしていて申し訳無い気持ちです。

DSCN5459.jpg

2回目の参加の北山さんは遠方からの参加、その探求心が凄くて今回も勉強になりました。

DSCN5453.jpg

有り難いことに、stereo誌のコンテストで実物を見てから音を聴きたい
と思っていた「つづら」というBHを発表。
私のコンテスト機の「エボルチオ」とならし比べができる機会となりました。

仕上げが美しく、ピラミッドを縦に伸ばしたような外観ですが、
この中に左右小刻みに折りたたまれた長いホーンがあるので、製作の難易度はかなり高いのです。

自分も考えたことのある構造ですが、製作の難しさから断念していました。

DSCN5448.jpg

私のエボルチオよりもホーンは長いのですが、カットオフ周波数が少し高いので能率も高く、
その性で吸音材をスロートに仕込まれているそうです。
BHの癖は無くなっていますが、もともと平行面の無い構造なので、
吸音材に頼らず、ホーンの開口付近で制御した方が良いのではと感じました(個人的見解です)。

しかし空気室の対策は万全で、濁りのない中高音が魅力。エボルチオとの比較で、吸音材が、
どう音を変えるのかの勉強となりました。
もっとBHに適したユニットを料理しないとこれらの大きさを活かせないし、本領発揮しない。
そんなことはみんな判っているのですがね。

そんな思いが強まったのは、エボルチオの前にP650のミニバスレフを鳴らしたとき。

DSCN5446.jpg
このちっちゃなバスレフがバランス良く浪々と鳴ります。
もちろん手抜きせず、きっちりと作りましたが、設計された方の手柄でしょう。
このユニットならこの箱でベストではないかと思わせてしまうほど楽しく表現してくれます。

以前このP650で作ったBHRF241 コロと比べて自分はこのミニバスレフに魅力を感じます。
(そういえば「コロ」はまだ、『ゆらぎ組み立て法』を考案する以前の作品でした。)
このミニバスレフに愛着が湧いてしまったので名前を付けてやろうかな。

DSCN5469.jpg

たまにはBSもいいな P650BS完成!

DSCN5412.jpg

無垢板らしさを出したいけど、白木っぽいのは嫌なので、
オスモクリアーの上に水性ステインを塗っています。
前回と同じチーク色ですが、容器を振ってよく混ぜると赤みのある色に。
私の使い方が悪かったのですね(汗)。
その上にもう一度オスモカラーのノーマルクリアーを塗って6日経ったところです。

DSCN5414.jpg

P650を背面取り付けするには、表に出ないネジの長さが大切で、
あり合わせの小さいネジでの取り付け。

DSCN5415.jpg

表は隈取りしたような面構えになりました。

DSCN5416.jpg

バッフルに配線をハンダ付けして組み立て。裏板は木ネジ8本で固定します。
最初は吸音材無しで試聴。

DSCN5419.jpg

かなり良い感じですが、背面ダクトからの中高音が少し気になるので、
ダクト先のユニット磁気回路背面にフェルトを丸く切って貼り付けてみました。
これはダクトのハイカットに良く効きました。P650ってバランスの良い音なんですね。

BHでコンテスト機を作った時は低音の制御で苦労しましたが、
やっぱりバスレフ向きだったようです。

ターミナルはローズウッドで

たとえP650の小型バスレフであろうとも、
バネ式の安価なターミナルにはしたくないので、高級感のあるものを考えました。

DSCN5402.jpg

前回、エボルチオで使ったローズウッドが気に入ったので今回も使ってみました。
長さ20cmの板(150円)で2組取れます。

DSCN5405.jpg

幅2cm厚さ5mm。かなり硬質ですが、硬質プラスチックよりは加工が容易で重量もあります。

DSCN5410.jpg

ネットで購入した金メッキターミナルが良く似合います。
でも桧のキャビネットには浮いてしまう様な……。

やはりネックは塗装のスキル

バックロードに比べると何でもないバスレフなんですが、
自分としては、まだ、バスレフ初心者です。
ユニットを後面取り付けするバッフルなので、まずバッフルの外装から仕上げようと。
でも、この塗装仕上げでやっぱり失敗してしまいました。

DSCN5394.jpg

この桧の無垢板は、コンパネやMDFに比べると塗装も楽なはず。
でもせっかくの木目の美しさを利用するのが良いので、
ステインやカラーニスを使ってみましたが、濃すぎてしまい、質感も悪くなってしまいました。

DSCN5400.jpg

結局、木口以外はヤスリで落とし、オスモカラーのノーマルクリアーを塗ってみました。
中途半端ですね。
自分の塗装スキルの低さに呆れてしまいます。

DSCN5395.jpg

キャビネットのはみ出たボンドを削り取り、反省しながらオスモを全塗装。

DSCN5396.jpg

バッフルはユニットをつけて貼り付けますが、背板はネジ止め。
背板のバスレフポートには、あり合わせの紙パイプを使いました。
少し径が小さかったので薄いコルクを一巻きして、突っ込んでいます。

DSCN5399.jpg

ターミナルをどうするか……この工作、まだまだ楽しめますね。

たまには気軽にBSづくり

何かと忙しいのですが、何か作らないと病気になりそうなので(クラフターの性です)、
ネットで見つけたBS板材を購入しました。

DSCN5392.jpg

stereo誌付録の組み上げたPシリーズがいくつか転がっているので
今回これで遊んでみようと思います。
P650用の小型なバスレフカット材(桧の無垢板)で、
ユニットが後面取り付けになっているものです。

DSCN5391.jpg

バスレフを作るのは12年ぶりです。

DSCN5389.jpg

バッフルだけは、水性ステインで深みを出そうとしたのですが、
色がいまいちです。
あれ? オーク色を買ったつもりが…チーク色でした。
プロフィール

アールefu

Author:アールefu
バックロードホーンに魅せられた自作歴30年のクラフターです。
低コストで高音質な音をリビングで楽しむために日々取り組んでいます。

最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新RFリビングオーディオ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ